横浜市瀬谷区の整形外科・リハビリテーション科なら、にしざわ整形外科。環状4号線沿い、北新東バス停近く。
HOME
院長あいさつ
診療案内
診察の結果、MRIが必要と判断した患者さんには、最新のMRIを備えた提携医院を手配いたします。
骨密度計による骨粗鬆症検査も行っております。
膝の痛みでお悩みの方は御相談ください。
最近疲れているかな、元気が出ないなという方に、短時間で疲労回復が図れるにんにく注射を行っています。
交通アクセス
スタッフ募集
現在の混雑状況
リハビリテーションの御案内
QRコードを読み込むと,
携帯サイトがご覧いただけます。
携帯電話でQRコードを読み込むと、携帯サイトがご覧いただけます。
 診療案内-骨粗鬆症について-
骨粗鬆症とは骨の量が徐々に減少してスカスカになり骨折が起こりやすくなった状態です。
現在、寝たきりの方の原因の第2位が骨粗鬆症による骨折です。
<原因> カルシウム不足
加齢
体格
閉経
生活習慣(喫煙、飲酒、運動不足)
遺伝・体質
<症状> 身長が低くなる
背中や腰が丸くなる
腰や背中が痛む
<骨折しやすい場所> 背骨、手首、股関節、肩など
<背骨の圧迫骨折> <手首の骨折>
 まずはご自分の骨密度を調べてみましょう
骨密度が若年者の80%以上の方は正常範囲です。
骨密度が80%~70%の方は境界領域です。
骨密度が70%未満の方が骨粗鬆症です。
 骨粗鬆症の治療
◆食事 カルシウム・ビタミンD・ビタミンKの摂取
◆運動 適度な運動を心がけ骨に負荷をかけることにより、骨を強くする
◆日光浴 適度に日光に当たることによりビタミンDが作られます。
◆薬物療法 ・カルシウム・ビタミンD・ビタミンKの補給
・骨からカルシウムが溶けるのを抑える薬
・女性ホルモンを補給する薬
(どの薬を使えばその患者さんにとって一番有効かは
尿検査や血液検査を行うことで判断します)

Copyright© にしざわ整形外科. All rights Reserved.